焦りは禁物、古い鍵は早めに交換するが吉です。

少し前に鍵を壊してしまう事故があり、それを機に鍵の不便さと便利さを身をもって知り、鍵について深く知る機会を得る事ができました。普段は気にしない鍵の細かい事をまとめていますので、鍵の交換で悩んだ時にはぜひ役立ててください。
そもそも鍵を壊してしまった理由には、鍵が古くなっている事が大きな原因でした。私が生まれた頃から現在まで約20年は経っていますが、未だに現役のままの鍵を使用していました。あとで知りましたが、鍵はだいたい10年ほどで交換することが望ましいらしく、20年もたった玄関の鍵はそれこそ年代物で、泥棒さんが好むような簡単な作りなんだそうです。壊れてくれて良かった、と後になって思うようになりましたが、鍵が使えなくなった時は本当に一大事でした。

古くなった鍵は、閉める時に引っ掛かりを感じるようになり、突然鍵が抜けなくなってしまうのです。私はこの状態となり、出かける時でしたが鍵が抜けないままでは外出できないと思い、約束は断念する結果に・・・。
まず私が取った行動は、何とか滑らして鍵を引き抜けばいいと考え、家の中にある滑りやすい物、シャンプーを鍵穴の中に注入しました。中々の名案!と思われた方はご注意ください。結果的に鍵は抜けなかったのですが、シャンプーの中に入っているシリコンや、食用油・オイルなどは鍵に悪影響を及ぼすらしいのです。一時的には滑らせることが出来ますが、ホコリやゴミを吸着してしまい後々粘着性を帯び、鍵をネチャネチャにしてしまいます。鍵が抜けなくなった時は、鍵専用のスプレーが売られているので使ってみる事をお勧めします。

そうでなければ、鍵が抜けない上にシャンプーまみれにしてしまった我が家の鍵穴に、よりパニックとなった私みたいになる羽目に・・・。

[鍵交換は東京の鍵屋]